「災害対応特殊救急自動車(高規格救急車)を更新配備しました!」

平成13年に配備された本署救急自動車を令和元年12月に更新しました。
この車両は、災害対応特殊自動車で、全国で大規模な災害が発生した場合には、緊急消防援助隊の一員として応援出動することもあります。
車両概要について、以下のとおりです。

車   種    トヨタ   ハイメディック(四輪駆動)

乗車人員    7名

車   体    全長:5,600㎜  全幅:1,880㎜  車高:2,510㎜

総排気量    2,693L  

   
   

高度救命処置用資機材も各救命処置に対応する最新の資機材を積載するとともに、
1 新しく磁器防振ベッド採用により走行性における安定性が向上したことで、傷病者の揺れによるストレスを軽減し、
 磁器防振ベッドそのものに電源を必要としないため、故障のリスクが少なくなります。

2 自動心臓マッサージシステムにより、正確な胸骨圧迫の継続が可能となり、救命率向上が期待できること、長距離搬送
 における隊員への負担軽減を図ることができます。

3 赤色灯の増設により、視認性及び安全性が向上しました。

4 救急自動車左右側面に各2灯の作業灯を設置したことで、夜間作業の安全性が向上しました。


今後も住民の皆様の安全・安心するため、質の高い救急活動を提供し、救命率向上に努めてまいります。

この記事は、警防課が担当しました。(0738-63-1119)

日高広域消防事務組合
〒649-1202 和歌山県日高郡日高町荻原930番地の1 TEL 0738-63-1119
Copyright(C)2012 HIDAKA FIRE DEPARTMENT All Rights Reserved.