大規模災害合同救助訓練

 東日本大震災から2年を迎えた3月11日(月)、当消防本部と御坊市消防本部合同による、大規模災害合同救助
訓練を実施しました。
 当該訓練は、東南海・南海地震等の大規模災害が発生した際、倒壊家屋等からの要救助者の救出方法の習得を目的
に実施されたもので、両消防本部の参加隊員らは訓練指導者の指示のもと、真剣な表情で訓練に取り組んでいました。
 また、訓練の開始に先立ち、参加者全員で東日本大震災で犠牲になられた方々に弔意を表し、1分間の黙祷を捧げ
ました。

訓練参加者による黙祷 両消防本部訓練参加隊員
ショアリング訓練 ショアリング訓練
ショアリング訓練 ショアリング訓練
クリビング訓練 クリビング訓練
クリビング訓練 クリビング訓練
画像探索装置を活用したCSR救出訓練 画像探索装置を活用したCSR救出訓練
画像探索装置を活用したCSR救出訓練 画像探索装置を活用したCSR救出訓練
ブリーチング訓練 ブリーチング訓練
ブリーチング訓練 ブリーチング訓練

※ ショアリングとは、地震等の災害によりその建物の構造にダメージを受けて余震の影響や、自重による二次倒壊
 の危険性がある建物の危険度を評価し、倒壊による二次災害を防ぐために天井、壁及び窓等の開口部を補強し安定
 化させる技術です。
※ クリビングとは、重量物をバール及びエアマット等を使用して持ち上げ、角材(クリブ)を多数使用し、やぐら
 を組むように重ねて重量物を安定させる救助技術のことです。

※ ブリーチングとは、災害により倒壊した建物の壁や床に人工的に開口部を開け、要救助者の検索及び進入路を作
 成する方法です。

※ CSR救出訓練とは、Confind Space Rescueの略で狭隘空間からの要救助者を救出する訓練です。

            この記事は、警防課が担当しました。(0738-63-1119)   

日高広域消防事務組合
〒649-1202 和歌山県日高郡日高町萩原930番地の1 TEL 0738-63-1119
Copyright(C)2012 HIDAKA FIRE DEPARTMENT All Rights Reserved.